飼育・生体

初心者でも飼える!クレステッドゲッコーの飼育方法

壁チョロ系代表といえるクレステッドゲッコー。

パッチリまつ毛の可愛らしい表情にあなたが惚れてしまうのも無理はありません。

 

クレステッドゲッコーは

専用のフード

だけでも飼育が可能なところも魅力です。

 

爬虫類初心者の私でも飼育ができるのかな

 

大丈夫です!

クレステッドゲッコーの飼育方法は確立されているので、

それに従えば安心して飼育ができるのです。

 

それでは参りましょう!

クレステッドゲッコー - 初心者でも飼える!クレステッドゲッコーの飼育方法

 

クレステッドゲッコーに詳しくなろう

環境

クレステッドゲッコーは「天国に一番近い島」として知られるニューカレドニアに生息しているヤモリです。

ニューカレドニアは亜熱帯気候に属し、年間の平均気温は24度前後。

夏の平均気温は27度前後、

冬の平均気温は20度前後です。

人や生き物が快適に過ごせそうな気候ですね。

特徴

クレステッドゲッコーの和名はオウカンミカドヤモリです。

この名前は、背中からまつ毛にかけて並ぶトゲトゲが王冠(クレスト)のように見えたことに由来します。

爬虫類愛好家はクレステッドゲッコーのことをクレスと略すことが多いですね。

 

クレステッドゲッコーは、ガラスを登ることができる夜行性のヤモリです。

尻尾にも吸着機能があり、猿のように尻尾だけで木にぶら下がる姿も見られます。

他のヤモリと同様に身に危険を感じた時に、尻尾を自切することがあります。

他の多くのヤモリは自切した後、尻尾は再生しますが、

クレステッドゲッコーは尻尾が再生しない点に注意をしてください。

 

寿命

クレステッドゲッコーの寿命は15年〜20年です。

エサ

クレステッドゲッコーのエサとして

  • 専用のフード
  • ヨーロッパイエコオロギやハニーワームなどの昆虫
  • 熟したバナナやマンゴーなどの果実

を与えることができます。

 

キョーリンさんが出しているペーストタイプの専用フードや

粉状のタイプの専用フードもあります。粉状のものは水に溶かして与えます。

 

昆虫食性の強い幼体のクレステッドゲッコーには

レオパゲルを使用してください。

 

人工フードにはクレステッドゲッコーに必要な栄養素が入っていますが、

昆虫を与える場合は、ビタミンD3、カルシウムやミネラルをダスティングして(振りかけて)栄養を補う必要があります。

 

価格

クレステッドゲッコーは1万円前後で売られています。

クレステッドゲッコーのモルフ(品種)は複数あり、モルフによって値段に大きく差があります。

モルフの種類や説明についてはbreeder.ioのモルフ一覧(クレステッドゲッコー)を参考にしてください。

爬虫類イベントでは通常より少しお値打ちな値段で購入ができます。イベントに参加したことのない方は要チェックです。

thumb85627174_s - 初心者でも飼える!クレステッドゲッコーの飼育方法
爬虫類イベント2019年版大人気の即売会がある爬虫類イベントの2019年版リストです。 即売会は「豊富な種類の爬虫類が一度に見られること」や「店舗で買うより...

サイズ

ベビーのサイズで全長2、3cm。

アダルトは全長(尻尾を合わせた長さ)は20cmほどになります。

 

クレステッドゲッコー - 初心者でも飼える!クレステッドゲッコーの飼育方法

 

クレステッドゲッコーの飼育方法

ケージについて

クレステッドゲッコーは樹上棲のヤモリであるため、

高さがあり立体移動ができるケージを選ぶ必要があります。

前面開閉式でメンテナンス・給餌が簡単に行える爬虫類専用ケージがオススメです。

設備リストについては最後にもまとめておきます。

エサの与え方

エサはスプーンに載せて直接給餌をしましょう。

どれだけ食べたのか、調子は良いのか、日頃確認をするためにも直接の給餌をおすすめします。

キョーリンさんが出している動画を参考にしてみてください。

 

粉末タイプのものを水で溶かして与える場合も、

この動画くらいの粘度にすると良いです。

飲水について

いつでも飲めるように水入れを設置しておきます。

また、壁に向かて霧吹きをしておけば、壁についた水滴を舐めることで水分補給をします。

幼体は脱水症状を起こす可能性が高いので、最低でも朝と夜の2回、霧吹きを行ってください。

 

水入れの水を飲んでいるのか判断ができない場合があります。

ケージ内の湿度を上げるためにも霧吹きでの水やりがオススメです。

紫外線ランプについて

夜行性のクレステッドゲッコーに紫外線ランプは必要ありません。

保温・保湿について

亜熱帯地域に生息するクレステッドゲッコーは温かい気温を好みますが、

スポットライトは必要ないです。

温度は最低でも20℃を切らないように注意をして保温してください。

保温はパネルヒーターを壁に貼るか、暖突、

場合によっては保温球の使用も考えてください。

ニューカレドニアは年間の平均気温は24度前後。

夏の平均気温は27度前後、冬の平均気温は20度前後です。

湿度は50%〜70%を意識しましょう。

その他注意点

壁に長い間垂直方向で止まっていると、

重力の重みで尻尾が曲がりフロッピーテイルという病気にかかってしまう可能性があります。

人工の蔦やバージンコルクを入れて横向きで休めるようにしてあげてください。

床材は、ペットシートや爬虫類用の床材を使用します。

糞のお掃除は定期的に行ってくださいね。

thumb4002420_s - 初心者でも飼える!クレステッドゲッコーの飼育方法
爬虫類床材の知識床材の種類 床材は素材別に分けて、大きく3種類(+その他)あります。 それぞれ特徴があり良いところ悪いところがあるので、自分の好...
クレステッドゲッコー - 初心者でも飼える!クレステッドゲッコーの飼育方法

 

まとめ

  • 温度は23〜27℃、湿度は50%〜70%を意識する
  • クレステッドゲッコーは最長20年生きる
  • 人工エサで飼育ができる
  • 高さのあるケージを用意
  • 霧吹きで保湿+水やり
  • 横向きで休めるようにインテリアを配置する

 

終わりに

クレステッドゲッコーは樹上棲のヤモリの中でも一番の人気を誇るペットです。

飼育している方が多くいるため、ツイッターやフェイスブックでも飼育のアドバイスを頂けると思います。

 

それでは楽しい爬虫類ライフを!

クレステッドゲッコー - 初心者でも飼える!クレステッドゲッコーの飼育方法
【壁チョロ系】ラコダクティルス属の4種まとめ「天国に一番近い海」と呼ばれているニューカレドニアに生息するラコダクティルス属(ミカドヤモリ属)の紹介です。 ※2012年の研究で...

 

用品リスト