飼育・生体

「安いという理由で爬虫類始めるのはどうなの」

「安い・手間がかからない」という理由で飼育を始めることに否定な意見

 

安いっていう理由で飼育始める人多いけどなんだかなぁ。って思う

あら!

 

爬虫類イベントで値段が安いから迎えるのどうなのよ。

まっ!

 

安いからという理由で飼育を始めるのに否定的な人がいらっしゃるよう。

初めての執筆、このお話に、失敗を恐れずに飛び込んでみるわ。

 

結論

 

爬虫類の飼育は

初期費用が安いから・手間がかからないから」

という理由で飼育を始めても良い

 

飼育の入り口は、安い・手間がかからない。で全く問題ないの。

飼育の方法を勉強して、愛情をたっぷり注いでいればそれでいいのよ。

 

 

多くの方が良くないと感じている点を整理するわね。

 

・ 万一のときに病院に連れていかない(費用をかけない)

・ 飼育放棄する(手間をかけなかった)

 

飼育には、餌、電気代を含めた毎月の費用や万一の費用も必要だわ。

同じ飼育者として、責任を持たないこと、生体の命が軽くに見られることに憤りを感じてしまうの。

 

アキナさんの「鳥やん」がプチ炎上したことも思い出すわね。

私はネタとしては好きよ。

https://www.youtube.com/embed/mYjaZMB0wlU?start=485

 

「安いからという理由で飼育を始めて欲しくない」人

の心の中を覗こうかしら。

・値段が高かったけど俺は好きな生体を飼育してるぜ!

・量産型モルフって。。。もっと高いの選びなよ。

という自己肯定優越感の意見が垣間見えたわ。

希少価値の高い生体が良いのかどうかは人それぞれね。

 

私の思いはね。私はね、初めて飼育する理由が「安かったから」でも全然いいと思うの。

爬虫類を飼育するお友達が増えるのだったらそれでいいのよ。

飼育者が増えて、世の中の、爬虫類への偏見が薄まったら素敵だと思いませんか?

 

「飼育費用が安い」「手間がかからない」「鳴かない」「臭くない」

 

爬虫類の飼育は、この点が押されることが多いわね。

先に否定しておこうかしら。「臭くない」は嘘だわ。フンは臭いものなのよ。特に大きい生体はね。

フン以外の臭いはほとんどないわ。爬虫類は脱皮をするからキレイなの。

「手間がかからない」はきっと「他の動物に比べて」をつけたほうが良いわね。

定期的に掃除をする必要はあるのよ。「全く手間がかからない」という勘違いをして欲しくないの。

 

なぜ「飼育費用が安い」「手間がかからない」「鳴かない」「臭くない」が押されるのか

 

この疑問について少し考えてみたの。なんでなのかしら。

仲間を増やしたいと考えている爬虫類好きさんが、犬猫に勝てる特徴を探した結果ね。

これらの特徴はね、とても現代社会の生活に都合のいいものだったの。

 

生活環境に制約がある多くの人にマッチしている

 

「鳴かない」

つまりね、マンションやアパートに住んでいる私みたいな人たちは、

「大きな声を出す生き物を飼育できない」の。もちろん、犬猫が飼育できる場所に引っ越す選択肢もあるわ。

でも、そこまでじゃないの。

一人暮らしにとっては、飼育スペースが少なくて済むことも重要よ。

 

「手間がかからない」

それに、忙しいじゃない。私達って。毎日お散歩に行くことは大変かもしれないの。

だから「手間がかからない」は私達にピッタリなの。

 

「安易な理由で飼育を始めて欲しくない」という気持ちもわかるわ。

でもね、手間がかからない。はとても重要なのよ。

反しているようだけれど、手間がかからないから、8年、10年と一緒に暮らしていけるって感じるときもあるの。

これについては賛否両論ありそうね。

 

住んでいる場所と時間の制約が、爬虫類へ目を向けるキッカケとしてぴったりなのね。

 

注意

爬虫類の飼育を始める理由は「安い・手間がかからない」で良いという結論を出したわ。

でも、「手間を掛けない」「お金をかけない」で良い、ということじゃないの。

きっと、否定的な意見の人は

「最後まで愛情を注げるかどうか、一度立ち止まって考えて欲しい。」そう思っているの。

爬虫類の幸せを願っているのね。

私も同じ気持ちだわ。