爬虫類のエサの栄養価について

昆虫の栄養価比較

昆虫食の爬虫類のエサとしてコオロギ、デュビアやハニーワーム・シルクワーム、最近では人工飼料のグラブパイやレオパゲルが登場し、
爬虫類飼育者のエサの選択肢が豊富にあります。
それらのエサがが実際にどれくらいの栄養または成分を含んでいるのかを知ることで、今後のエサ・おやつの選択の参考になればいいなと思っています。

一覧

※ レオパゲル・グラブパイについては保証成分を記載しました。(サイトには何%以上何%以下という書き方がしてあります。)
※ 昆虫の栄養価については、昆虫のエサ・飼育状況によって変化します。
※ 灰分(かいぶん)は、カルシウム・鉄・リンなどのミネラルのことです。
※ カルシウム/リン比(Ca/P)は1:1〜2:1になるのが理想と言われています。

名称 水分(%) 蛋白質(%) 脂質(%) 灰分(%) Ca/P
レオパゲル 80.0 10.0 1.0 3.5
シルクワーム 76.6 13.1 8.4 0.6 0.77
フタホシ 73.3 15.2 5.2 1.6 0.13
イエコ 73.2 17.2 6.1 0.4 0.14
ミールワーム 62.9 18.2 13.6 1.6 0.14
ジャイミル 61.0 18.4 16.8 1.9 0.07
デュビア 59.8 21.8 7.7 1.7 0.33
ハニーワーム 58.0 14.3 24.8 0.5 0.10
グラブパイ 10.0 40.0 12.0 12.0 2.0

※ 昆虫の栄養・水分などは飼育環境によって上下するものであり、また、人工飼料に関しても保証成分を記述してあり、上記の表が100%正確な数値ではないことをご了承ください。

人工飼料(グラブパイ・レオパゲル)

人工飼料は昆虫だけを与えた場合の栄養に比べて豊富な種類と量のビタミン・ミネラルが含まれており、 肥満予防・くる病・消化不良などの健康を考えると選択肢の一つとして、今後重要なポジションに上がってくるのではないかと思います。 また、昆虫は嫌いだけれど爬虫類を飼育したいという方への救世主となる可能性もあります。

しかしながら、嗜好性は生きエサには敵わないところがあり、レオパゲル・グラブパイを食べない個体が多いので、リスクやコストを考えた上での選択となりそうです。

昆虫

昆虫の硬い外骨格はキチン質というものできていますが、そこにカルシウムはほとんど含まれていません。昆虫を与える場合、ダスティング・ガットローディングで不足がちなカルシウムやビタミンなどを補う必要があります。

ハニーワームは、脂肪分が多いためカロリーが高く病気・産卵後の体力回復効果に期待ができます。また、うにうにした動きは嗜好性が高いため、エサを食べなくなってしまった個体には、ハニーワームやシルクワームのような幼虫をあげてみてください。

 

 

参考サイト